スポーツ選手を専門に治療する北大阪アスリートケアのロゴ 歩けないが歩けるに??メカニズムから考えた肉ばなれの一例 Posted by Ryutaro Horie こんにちはスポーツ障害と戦いう治療家 堀江龍太郎です。 今回は、肉ばなれの症例のついてお話します。 中学生の男の子で野球のベースランをしていると太ももの前側に違和感を感じそこからだんだん痛みが出ていて痛みが出てから4日後に来店しました。 足を引きずりながら来店し、触ると反対の脚より熱く腫れもあり押して痛い場所が限定的でしかも凹んでいます。 まあ間違いなく肉ばなれをしていると思いストレッチをすると痛みで通常の半分くらいしかストレッチできませんので確定です。 奥原分類で考えるとⅠ型の中程度といったところでヒドくはないけど、一般には復帰に2週間以上かかります。 といっても走れないと野球の練習にも試合にも参加できないから、なんとかしてもらいたくて来店したのでなんとかしますよ(^o^) まずは、組織間リリースのテクニックを使って腫れを減少させるとストレッチ痛が1/3くらい改善し歩行がマシになったので、次に太ももの前の筋肉に負担がかかった原因に移ります。 その原因メカニズムは、早稲田大学の金岡恒治教授.らが提唱すているスタビライザー機能低下症候群というもので、体幹や股関節の安定性が悪くなり大きな筋肉の負担が増加した結果、様々なケガが起こってしまうというものです。 実際にその少年は、体幹と股関節の筋肉の機能が低下していたので呼吸器リハビリの呼気テクニックで体幹機能を超低負荷のシェルエクササイズで股関節機能を合計3分程度で改善させました。 なんかすごいことしてるのかなーって感じですがやってることは呆れるくらい単純で簡単なことなんです(笑) 息を吐く時に手で肋骨を横から下に押す事を数回すると腱中心が正常な位置まで戻り腹圧のコントロールが行えるようになりそれによって下部腹横筋の収縮が促されることで体幹のインナーマッスルが機能的に働きます。シェルエクササイズは横に寝てもらい貝のように脚を開いたり閉じたり(上下に3センチ位)を股関節の角度を少し変えながら3ポジションで30回ずつやってもらうと股関節のインナーマッスルに刺激が入り機能的に動くようになります。 その直後に歩いもらうと、もう足は引きずってませんし、聞くと『痛くありません』といってます。 その後にコンディショニングをして最後には本気のシャドーピッチングしても全く痛くないと言ってニコニコしながら帰りました。 もちろん、親御さんには肉ばなれ自体が治ったわけではないのでストレッチ痛が無くなるまでは無理しないで下さいとは伝えています(^o^)
・作ってもらったけど症状が良くならない方 ・パフフォーマンスUPを実感できない方 歪んだ足に合わせたインソールでいいの? って思っていませんか 当店ではインソールを入れる前に 歪みの少ない足に矯正することで、 インソールの効果を最大限に発揮させます

箕面,豊中,吹田,池田,茨木地域で、あなたの夢をサポートします。

・作ってもらったけど症状が良くならない方 ・パフフォーマンスUPを実感できない方 歪んだ足に合わせたインソールでいいの? って思っていませんか 当店ではインソールを入れる前に 歪みの少ない足に矯正することで、 インソールの効果を最大限に発揮させます

①特別な手技で足の歪みを矯正します

194545751128

 

②インソールを使って矯正を持続させます

c5a6068d4452f929d48dab158e9d6f36

インソールストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正,

リアライン・インソールは、オリンピックへの帯同経験もある理学療法士によって開発されました。

リアライン・インソールは豊富な臨床経験に基づき、足の骨格をやさしくサポートし、足の歪みの進行を予防することができます。足を酷使するスポーツ選手、ハイヒールの影響が気になる働く女性、健康のためにウォーキングやジョギングをしているお父さんやお母さん、足のふらつきが気になる高齢者の方などにお勧めです。

2000足のオーダーメイド・インソールの製作経験から生まれたリアライン・インソール

リアライン・インソールは、約2000足のオーダーメイド・インソールを製作した理学療法士の経験から、最も効率的に足の歪みを矯正・予防することのできる形状となっています。5-10分の簡単な調整でどなたでも自分の足にフィットさせることが可能です。リアライン・インソールの誕生によって、無理なく歪んだ足を理想的な足に近づけることが可能となりました。

足の立体的な骨の配列をサポートします
足のアーチは足の立体的なドーム状の骨の配列によってできています。アーチを整えるためには、ドーム状の構造を的確にサポートすることが必要です。

立体的なドーム構造を整えるには、足の裏から直接骨をサポートしなければなりません。しかし、サポートする場所を間違えると、足の裏の筋肉や腱を強く圧迫して、強い違和感が生じてしまいます。ここに2000足の製作経験が生かされました。リアライン・インソールでは、ほとんど違和感が生じない場所のみをサポートすることができたのです。


足の歪みは足のトラブルの根本原因です。

扁平足や外反母趾は「足の歪み」です。これらの足の歪みは遺伝、ハイヒールなど靴の影響、スポーツや登山などによる足の酷使など様々な原因で進行します。特別な原因もなく歪みが進み、気付いたら痛みによって歩くことさえできなくなる場合もあります。

足にフィットしたインソールは高価! しかしその効果は???

足にフィットしたインソールを手に入れるのは簡単ではありません。オーダーメイド・インソールは、1万5千円から3万円と高額です。しかも、歪んだ足をそのまま採型するのであれば歪みを矯正する効果も期待できません。

リアライン・インソールの効果とは
“リアライン”インソールを使うと、立体的な足のアーチが劇的に安定し、さらにはつま先も地面に吸い付くように安定します。

全てのスポーツ選手、そして足の負担を軽減したいリハビリ患者、高齢者、足のアライメントを整えたい女性など、すべての“足”に力を与えます。

足型を採ってそのまま作るカスタムインソールでは足の歪みはそのまま。“リアライン”インソールは、足底の特殊な部位をサポートし、足のアーチを整えます。

リアライン・インソールは、足の歪みに悩む方だけではなく、スポーツの上達にも効果的です。
■足の横方向の動きを安定させる > バレーボール、バスケットボール、サッカー、ラグビーなどの球技アスリート
■前方への推進力と衝撃吸収 > ランナー、陸上選手

■スイング動作や投球動作において足を地面にしっかりと固定する > ゴルファーや野球選手

さらにもうひとつ、年をとると足の裏の感覚が鈍ってしまい転びやすくなります。このインソールは足の裏を適度に刺激するとともに、足の横方向へのふらつきを抑えます。これによって、高齢者の転倒予防にも効果が期待されています。

リアライン・ソックスとは


リアライン・ソックスは、アスリートのリハビリテーションで開発された、
テーピングの機能を備えた高機能ソックスです。

背屈可動域が改善し、スムーズにしゃがめるようになります。
股関節伸展が強調され、大殿筋の活動が改善します。そのため、歩行・階段の昇り降り・スクワットが行い易くなります。
距骨内側を後方に滑り込ませる事によって、足関節が“カチッ”とはまる感覚が得られます。

■リアライン・ソックスは、このような方々にオススメします。
・テーピングを巻いてくれるトレーナーが居ない。
・自分でテーピングは巻けるものの、しっくりこない。
・テーピングを使うと皮膚トラブルが起きる。
・足関節が不安定なままハードなトレーニングを繰り返している。
その悩みを、リアラインソックスがすべて解決します。

※製品の特長上、初回の単品販売は行っておりません

PRICE

  • リアラインプラン+インソール
    8,460~12,930

  • リアラインプラン+ソックス
    8,980~10,680

 

(2個目より単品購入可)

料金 2500 4200 1980 6450 靴下.

webでの お問い合わせ・予約

予約web

電話での お問い合わせ・予約

Access

北大阪アスリートケア
address
箕面市粟生新家3-23-13
open
13:00~22:00
定休日
日祝月

北大阪アスリートケア
address
箕面市粟生新家3-23-13
open
13:00~22:00
定休日
日祝月

SNS・BLOG・portal Site

main menu

スポーツ選手を専門に治療する北大阪アスリートケアのロゴ 歩けないが歩けるに??メカニズムから考えた肉ばなれの一例 Posted by Ryutaro Horie こんにちはスポーツ障害と戦いう治療家 堀江龍太郎です。 今回は、肉ばなれの症例のついてお話します。 中学生の男の子で野球のベースランをしていると太ももの前側に違和感を感じそこからだんだん痛みが出ていて痛みが出てから4日後に来店しました。 足を引きずりながら来店し、触ると反対の脚より熱く腫れもあり押して痛い場所が限定的でしかも凹んでいます。 まあ間違いなく肉ばなれをしていると思いストレッチをすると痛みで通常の半分くらいしかストレッチできませんので確定です。 奥原分類で考えるとⅠ型の中程度といったところでヒドくはないけど、一般には復帰に2週間以上かかります。 といっても走れないと野球の練習にも試合にも参加できないから、なんとかしてもらいたくて来店したのでなんとかしますよ(^o^) まずは、組織間リリースのテクニックを使って腫れを減少させるとストレッチ痛が1/3くらい改善し歩行がマシになったので、次に太ももの前の筋肉に負担がかかった原因に移ります。 その原因メカニズムは、早稲田大学の金岡恒治教授.らが提唱すているスタビライザー機能低下症候群というもので、体幹や股関節の安定性が悪くなり大きな筋肉の負担が増加した結果、様々なケガが起こってしまうというものです。 実際にその少年は、体幹と股関節の筋肉の機能が低下していたので呼吸器リハビリの呼気テクニックで体幹機能を超低負荷のシェルエクササイズで股関節機能を合計3分程度で改善させました。 なんかすごいことしてるのかなーって感じですがやってることは呆れるくらい単純で簡単なことなんです(笑) 息を吐く時に手で肋骨を横から下に押す事を数回すると腱中心が正常な位置まで戻り腹圧のコントロールが行えるようになりそれによって下部腹横筋の収縮が促されることで体幹のインナーマッスルが機能的に働きます。シェルエクササイズは横に寝てもらい貝のように脚を開いたり閉じたり(上下に3センチ位)を股関節の角度を少し変えながら3ポジションで30回ずつやってもらうと股関節のインナーマッスルに刺激が入り機能的に動くようになります。 その直後に歩いもらうと、もう足は引きずってませんし、聞くと『痛くありません』といってます。 その後にコンディショニングをして最後には本気のシャドーピッチングしても全く痛くないと言ってニコニコしながら帰りました。 もちろん、親御さんには肉ばなれ自体が治ったわけではないのでストレッチ痛が無くなるまでは無理しないで下さいとは伝えています(^o^)