ジュニアスポーツのスター選手は故障しやすい

公園で子どもが遊ぶ姿か年々減っていると実感していますが、

親子でプロを目指したり、小学生入学前からスポーツに打ち込む(打ち込ませている)子どもが増えています。

しかし、幼少期から日常的に練習をすることで大きなケガを引き起こすことがあります。

・子どもは大人のミニチュアではありません

ついつい大人のミニチュアのように思ってしまいますが、精神的にも肉体的にも全く異なると思って下さい。

特に、成長期の子供の骨は大人の骨とは違い、骨の端に近い部分が成長軟骨といわれる軟骨になっています。

この軟らかい骨に過度のストレスがかかり続けると、さまざまなスポーツ障害を発症します

「例えば、野球のバッティング、柔道の投げ込み、バレーボールのスパイクなど腰をひねる動作を過度に繰り返すことで、腰椎に負担がかかり続けると腰椎分離症になり腰の骨が分離してしまいます。また、野球のピッチングを繰り返すことで肘の骨に離断性骨軟骨炎が起こり二度とピッチングできなくなり野球が出来なくなります」

・子どもを守れるのは大人だけ

練習をしたいために痛みを我慢してしまう子もいますが、指導者や親が勝敗や結果にこだわるばかりに無理をさせて練習をさせてしまうことが多くあります。

 

「同じ学年でも体の発育の速い子と遅い子には約5年分の差があるといわれています。スポーツは一般的に体が大きい子が有利です。チームスポーツだと、身体的な成長の速い体の大きな子が、野球ならエースとなり、頼られることで、結果的に大きな負担がかかってしまい、スポーツ障害が起きてしまうケースがあります。また成長の遅い子が皆と同じメニューをこなそうとすると成長途上の身体に強い負担がかかることになります」

他の子どもと比較して成長が早いのうちは大活躍していても、活躍しているからと言って過剰な練習をさせてしまい、ケガしてドロップアウトする子どもも残念ながら多く存在します。

ですが、成長期のスポーツ選手にとって週末の試合は、プロ選手になったりオリンピックで金メダルを取るのと同じくらい大切と思っていまし、子どもは親や指導者の期待に全力で答えようとし、自分ではストップをかけることは考えません。

・スター選手を障害から防ぐためにどうすればいいか

あなたはどう思いますか?

下の3つから選んでみてください

  1. ケガを予防するトレーニングをする
  2. 専門的なコンディションのチェックを定位的に受ける
  3. 保護者がストップをかける
  4. 基礎練習を徹底する

さあ、どれも正解のように思いますが、防ぐことだけを考えると『3,保護者がストップをかける』しかありません。

しかし、子どもはスポーツできないストレスでドロップアウト(非行)になるかもしれませんね

なぜ、1番と2番で予防できないかというと

スポーツ選手は、ケガが起きるまでケガするなど一切考えていませんし、痛みが無くなると予防のトレーニングはやらなくなりますし、予防の専門的な話にも耳を傾けません。

もし傾けるとするならパフォーマンスが向上する話くらいです

4番が一番理想的だと私は考えています。

もちろん基礎練習をしていてもケガをすることはありますが

中村勘三郎さんのこう言った言葉をご存知でしょうか?

〔中村勘三郎〕『型を身に付けねば型破りにはなれない』
型を身につけてから、破るから“型破り”っていうんだよ!


型があるから、型破りっていうんだよ!型がなかったら「形無し」

ようするに、基礎練習を徹底して基礎を固めればパフォーマンスを発揮できますし、基礎が固まっていればケガのリスクも基礎が固まっている分だけ減少します。

・動きの基礎を知っていますか?

ジュニアのスター選手を障害から守るに基礎練習が大切と言いましたが、あなたは動きの基礎を知っていますか?

動きですので運動学に基づいた話になります。

運動学を理解していなかったら動きの基礎を伝えることはできませんよね

・動きの基礎は専門家に!

ということで、やはり子どものケガを防ぐには専門家に相談するのが一番です。

但し、運動指導を行わない整形外科医や筋力トレーニングばかりするトレーナーには相談しない方がいいと思います


 

当店について

 

よくあるご質問

Q:小学生でも治療できますか?
A:もちろん治療できます
年齢に関係なく治療しております

Q:病院にも行っていますが通っても大丈夫ですか?
A:大丈夫です
病院でしかできない治療もございます

Q:スポーツをしていませんが治療てもらえますか?
A:スポーツの有無に関係なく治療しております

Q:何回通うとよくなりますか?
A:早い方だと1,2回の治療で改善します
但し、個人差はあります

Q:治療中はスポーツを休まないといけませんか?
A:休む必要はありません
但し、治療は継続して頂きます

Q:健康保険は使えますか?
A:使えません
※傷害保険・労災保険・自動車の保険は使用できます

また、来店されている お客様からはこのようなお声を口コミサイトから頂いております

お客様の声

ekiten%e3%80%80%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%80%8020180412

言葉なんていらない。
ゴットハンド、 間違いないです。
疲労でパフォーマンスが最大限に出せない子供、大人は一発で治ります。
より良いパフォーマンスをしたいなら来るべきです 。もっと早く出会えてたら私も違ったパフォーマンスができたかもしれないくらい素晴らしいです。出会いに感謝ありがとうございました。

子どもがお世話になっていますが... 子どもがお世話になっていますが、 とても丁寧に、子どもの気持ちを大事にお話くださり、 子どもも喜んで通っています。 姿勢が悪いことやスポーツ時のマイナートラブルが多いことが悩みでしたが、改善できそうで、これからが楽しみです。

子どもがお世話になっていますが、
とても丁寧に、子どもの気持ちを大事にお話くださり、
子どもも喜んで通っています。
姿勢が悪いことやスポーツ時のマイナートラブルが多いことが悩みでしたが、改善できそうで、これからが楽しみです。

kutikomi3

私は、家族がアスリートケア整骨院さんにお世話になっており、自分自身O脚が気になっているので今回初めて行きました。
O脚になっている原因、そしてどう治療していくかをとてもわかり易く説明してもらい、治療までの道筋がよく分かりました。
O脚の治療も、治療の前後を写真で撮ってくれるので1回で目に見えるほど回復したと言うのが分かりました。
先生はとても良い人で話しやすかったです。

ポータルサイト『からだリフレ』からの口コミを

ご覧になられる方は下のバナーをクリックしてください



ここまでお読み頂き ありがとうございます

それでは、あなたの解決したい悩みを
教えていただけないでしょうか

[/vc_column][/vc_row]

悩み・お困り

当てはまるタイトルを
クリックして下さい

きっとお役に立ちますので私にお任せください

painrelease
成長期のスポーツ障害
コンディショニングとトレーニングと治療を同時に行いアスリートを進化させる箕面市のスポーツ専門整骨院
いつまでも美しくありたい女性が気になる骨盤矯正・猫背矯正・肩こり矯正・O脚矯正・肩甲骨はがし・股関節矯正・体幹トレーニングなどを行う箕面市のスポーツ専門整骨院
変形性関節症や五十肩、姿勢の崩れ・疲れやすい・呼吸が浅い等の悩みがあるが、若々しく健康でいたい方

アクセス/受付時間

北大阪アスリートケアのAccess地図
ストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正, 店舗前

営業時間:13時~22時
最終受付:18:30
定休日 :日曜,月曜,祝日
3台あり(店前)
箕面市粟生新家3-23-13
℡:072-741-7458

24h WEB予約

痛みの対処法

からだの場所(部位)や症状別に対処法をご紹介しています

コンディショニング・トレーニング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。