ストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正,院長のごあいさつ。
堀江龍太郎,ストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正,

はじめまして、代表の堀江です。

当店は龍整骨院がプロディースしているアスリートに特化した治療からトレーニングまでトータルにクライアントをサポートする店舗になっておりますが、その理論と技術は子供からお年寄りまで全ての方を対象としたものになります。

元アスリートだからこそわかる身体の使い方や選手の心の問題。

その知識と技術をベースとした最新の治療理論「リアラインコンセプト」を是非体感してください。

創業の想い

『スポーツを諦めてほしくない』

私が治療家になったきっかけは、自分自身が怪我や怪我による精神的なストレスによって思うような競技者生活を送れなかったからですが、引退した今でもスポーツを楽しみ生涯現役でありたいとも考えています。

もちろん、自分だけではなく若いアスリートや、いつまでも現役でいたい方に少しでも長くスポーツをしてもらいたいという想いで治療に携わっております。

また、創業と共に家業の保育事業も行うこととなり保育士資格も取得し医療と福祉の国家資格を持っています

実は、二つの資格があることで相乗効果が生まれました。

保育士資格があることで、成長過程でのジュニアアスリート本人の身体的な理解度や精神的な成長を理解することが出来ますし、元アスリートとしてもジュニアアスリートを精神面からもサポートできるようになりました。

ですので、子どもと保護者の気持ちを別々の観点からサポート出来ますし、あらゆる世代の方のニーズに答えることができます

だから出来ること

箕面,豊中,吹田,池田,茨木地域で、あなたの夢をサポートします。ストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正,

そんな私の経歴をご紹介させてください

まずは、医療人としての経歴です

医療人として

  • 2007/7:競技者生活に区切りをつけ地元 箕面市の整骨院で助手として働きだす
  • 2008/4:札幌青葉鍼灸柔整専門学校の柔道整復夜間部へ入学し、マッサージのアルバイトをしながら3年間の学生生活を送る専門学校恩師でもある佐藤 義裕先生の言葉に感銘を受け、技術にとらわれず知識をベースに治療すると心に誓いました
    こちらは佐藤 義裕先生が開設されてる五稜郭整骨院のホームページです → http://medicalpage.net/g-seikotsuin/
  • 2011/3:合格率6割の柔道整復師の国家資格を取得
  • 2011/4:札幌市にある『長谷部蔵之進鍼灸マッサージ整骨院』に院長として勤務
    社長でもある長谷部先生には本当にお世話になり、沢山の貴重な経験を積ませて頂きました。今自分があるのも長谷部先生の影響がとても大きいです
    こちらは長谷部先生の開設されてる「けいろんグループ』のホームページです→ http://cheiron.biz/
  • 2014/01:蒲田 和芳先生のリアラインコンセプトに出会い、深く勉強するようになりました
  • 2013/12:開業の意思を伝え『長谷部蔵之進鍼灸マッサージ整骨院』を退職し、札幌から地元の大阪に帰り『龍整骨院』を開業
  • 2014/04:開業しながら『あすなるデイサービス』で機能訓練指導員として働き、高齢者の運動指導等を行う
  • 2015/04:保育事業の経営を継ぐこととなり『あすなるデイサービス』を退職し、屋号も『北大阪アスリートケア』として再スタート

・資格/認定

柔道整復師     [医療系国家資格]
保育士        [福祉国家資格]
リアラインコア認定者[最新腰痛治療器]

・主な研修先・所属学会

日本健康予防医学会
日本臨床スポーツ医学会
日本整形外科スポーツ医学会
日本リハビリテーション医学会
日本関節鏡膝スポーツ医学会

クリニカル スポーツ 理学療法士 セミナー

アスリートとして

・スノーボードアスリート

ハーフパイプ、ボーダークロス、ビックエア入賞経験あり,アスリート時代は、怪我が多く肉体的にも精神的にも満足に演技出来ないシーズンもありました。
自分の体験をきっかけに「自分のような思いをしてほしくない」と思うようになりこの世界に飛び込みました。

スノーボード選手時代の映像です↓

 


現在は、スノーボードの他に、登山・サイクリングもしております

Access

北大阪アスリートケア
address
箕面市粟生新家3-23-13
open
13:00~22:00
定休日
日祝月

スポーツ選手を専門に治療する北大阪アスリートケアのロゴ 歩けないが歩けるに??メカニズムから考えた肉ばなれの一例 Posted by Ryutaro Horie こんにちはスポーツ障害と戦いう治療家 堀江龍太郎です。 今回は、肉ばなれの症例のついてお話します。 中学生の男の子で野球のベースランをしていると太ももの前側に違和感を感じそこからだんだん痛みが出ていて痛みが出てから4日後に来店しました。 足を引きずりながら来店し、触ると反対の脚より熱く腫れもあり押して痛い場所が限定的でしかも凹んでいます。 まあ間違いなく肉ばなれをしていると思いストレッチをすると痛みで通常の半分くらいしかストレッチできませんので確定です。 奥原分類で考えるとⅠ型の中程度といったところでヒドくはないけど、一般には復帰に2週間以上かかります。 といっても走れないと野球の練習にも試合にも参加できないから、なんとかしてもらいたくて来店したのでなんとかしますよ(^o^) まずは、組織間リリースのテクニックを使って腫れを減少させるとストレッチ痛が1/3くらい改善し歩行がマシになったので、次に太ももの前の筋肉に負担がかかった原因に移ります。 その原因メカニズムは、早稲田大学の金岡恒治教授.らが提唱すているスタビライザー機能低下症候群というもので、体幹や股関節の安定性が悪くなり大きな筋肉の負担が増加した結果、様々なケガが起こってしまうというものです。 実際にその少年は、体幹と股関節の筋肉の機能が低下していたので呼吸器リハビリの呼気テクニックで体幹機能を超低負荷のシェルエクササイズで股関節機能を合計3分程度で改善させました。 なんかすごいことしてるのかなーって感じですがやってることは呆れるくらい単純で簡単なことなんです(笑) 息を吐く時に手で肋骨を横から下に押す事を数回すると腱中心が正常な位置まで戻り腹圧のコントロールが行えるようになりそれによって下部腹横筋の収縮が促されることで体幹のインナーマッスルが機能的に働きます。シェルエクササイズは横に寝てもらい貝のように脚を開いたり閉じたり(上下に3センチ位)を股関節の角度を少し変えながら3ポジションで30回ずつやってもらうと股関節のインナーマッスルに刺激が入り機能的に動くようになります。 その直後に歩いもらうと、もう足は引きずってませんし、聞くと『痛くありません』といってます。 その後にコンディショニングをして最後には本気のシャドーピッチングしても全く痛くないと言ってニコニコしながら帰りました。 もちろん、親御さんには肉ばなれ自体が治ったわけではないのでストレッチ痛が無くなるまでは無理しないで下さいとは伝えています(^o^)

痛みの対処法

SNS・BLOG・portal Site

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。